どんな車でも買取可能?~事故車や車検なしの車でも売れます

事故車や車検なしのような車でも売れる買取業者を紹介します

災害発生後に素早く水没車のクリーニングを実施した

time 2016/06/16

降りしきる雨で路面状況が把握できなくなり、結果として大事な資産が水没車に変身しました。始動させようとすれば機械が小刻みに震えるだけで、走行できる状態にまで漕ぎ着けられません。水没車ですから内装が湿っていて快適な運転がままなりませんから、クリーニングで再起を図る決意をしました。クリーニングを済ませてみると、水没車は無事に走り出せる状態になり資産を失わなくて済みました。水没車のクリーニングで体感したことは、一つだけに収まりきりません。

布製の積載物は迅速に汚れを落として乾かさないと、体調不良を起こす細菌が繁殖する道具に早変わりします。クリーニングが始まり真っ先に実施されたのは、座席や足を着ける部分の洗浄および乾燥でした。見るからに早く手を付けたほうが懸命なように感じる動力部分が後回しされたのは、布に特有のことを抑えるためであるとの説明を受けました。増殖する速度が速い傾向にある細菌が多いので、何よりもまず作業するべきということがわかった瞬間です。

車内の温度を調節する機構には空気の通り道が多いので、臭いの原因物質が多量に入り込んだ状態のままでいると使用が難しくなります。動作することが確認できても、嗅覚に強烈な刺激を受けて運転に集中できなくなるからです。布部分のクリーニングが完了したあとには、送風口などの掃除が丹念に行われました。一通り完了して水没車で冷風を出す操作が始まると、無臭で爽やかな圧が顔全体にかかります。当該工程も、水没車のクリーニングには欠くことができないと感じました。

開閉する動作が頻発する部分に使われている金属は、湿ることを想定されて設計されていません。水没車を分解して乾燥させる作業は、クリーニングの要と言ってもおかしくないです。動力部品および扉の一部の金属が剥き出しの状態になり、続いて水没車クリーニングで用いる洗浄や乾燥の効率を高める道具が大きな音を立てて動きました。みるみるうちに綺麗になっていき、災害発生前の状態に戻すことが叶いました。